訪問介護

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)の一つで、介護福祉士や、訪問介護員(ホームヘルパー)などが家庭を訪問して、入浴・排せつ・食事などの介護や、調理・選択・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言などの必要な日常生活上の援助を行います。


訪問介護のサービス内容(要介護1~5のかたを対象)
 大きく分けて<生活援助>と<身体介護>があります。


<生活援助>
 日常生活を送る上で必要不可欠な家事について、利用者本人がひとりではできない部分を支援します。
 (例)掃除、洗濯、調理、買い物、衣服の整理、ベッドメイクなど

<身体介護>
 利用者が日常生活において行う動作介護、身辺介護、生活介護を行ないます。
  ・動作介護
   起床・就寝介助、体位変換、採尿パックの交換、水分補給、服薬介助など

  ・身辺介護
   歩行、更衣、部分浴、入浴の見守り、整容、口腔ケア、洗面、更衣、排せつ介助、おむつ交換など

  ・生活介護
   食事介助、全身清拭、洗髪、入浴、シャワー介助、特別食事の調理、外出・通院介助、痴呆性高齢者の見守り的介助など

介護予防訪問介護(要支援1・2のかたを対象)
 対象となる高齢者が自立では困難な行為について、同居している家族などの支援や地域の支え合い支援サービスなどが受けられない場合には、訪問介護員(ホームヘルパー)によるサービスが提供されます。
訪問介護とは違う点は、日常の家事などをできるだけ自力で行うことで、身体機能を維持していくことを目的としている点です。