株式会社苑田メディコは、医療法人社団苑田会のグループ会社として、地域に愛されるサービスを行っております。事業内容は、訪問介護や、福祉用具の販売ならびに貸与などを行う介護事業と、訪問マッサージなどを行う福祉事業のほかに、介護タクシーなどの病院等への送迎を行う送迎事業も行っております。株式会社苑田メディコでは言うならば利用者様の「かゆいところに手が届く」サービスを行っております。

訪問マッサージ

訪問マッサージについて
麻痺や関節拘縮・四肢筋力低下などの症状で、運動機能障害がある患者様のお宅に、国家資格(あん摩マッサージ指圧)を持った職員がお伺いし、マッサージや機能訓練(リハビリ)を行い、それらの症状を改善するサービスです。

当社の訪問マッサージは、医療保険適応ですので介護保険の単位を使わず、さらにはほかの医療機関との保険の併用も可能です。


マッサージの効果

 疼痛の緩和
  痛みには筋肉からくる痛みや、内臓・神経・関節・血行性のものなど、様々ありますが中でも、筋肉・神経・血行性のものにはとても鎮痛効果があります。血液の流れが良くなることで痛みの原因となる、発痛物質が痛む所から流れていくからです。

 筋肉萎縮の改善
  筋肉は使わないとあっという間に細く短く、そして硬くなってしまいます。そのような状態を「萎縮」といいます。萎縮してしまうと体が動かしづらくなります。マッサージをすることで、筋肉が柔らかく伸張性をもち、体が動かしやすくなります。

 血液・リンパの循環改善
  血液やリンパには老廃物質を流し、全身に栄養を運ぶ作用があります。マッサージはその作用を促進させることで、
  むくみの改善など、免疫力を高め全身の機能を向上させます。

 関節の可動域拡大
  関節は動かさないでいることによって、関節周りの筋肉などの組織が硬くなり、ついには関節が動かなくなってしまいます。(関節拘縮)マッサージや関節の運動訓練を行うことで関節の動く範囲(可動域)の拡大を図ることができます。

以上の効果があります。