都民の日の由来

10月1日が都民の日となったのは、 市長や市役所を置かないなど自治においていろいろと制限のあった「市制特例」という法令が1898年に廃止され、 10月1日に「東京市」が生まれたことから由来しています。

市政に参加したいという市民たちの運動など、東京市誕生までには様々な歴史があり、 自治がいかに大切であるかを忘れないようにするために、「都民の日」が生まれたのです。

都民の日の本当の意味というのは この日はよりいっそう、都民の一体感、自治意識を高めていき 福祉を増進させるのが目的ということです。

知らないことを知ることができとても良い体験ができました。

最新記事